2018年9月アーカイブ

VMware Workstation Playerだが14.1.3でバグたままだが、バージョン15.0が発表になった。アップグレードしてみたところ、バグも修正され、物理ハードディスクからも通常に起動できるようになった。

VMware workstation Playerで物理ハードディクスからバックアップサーバーを起動した際に、VMwareのバグからLinuxのファイルシステムを損傷。修復して念の為、すべてのファイルをインストールしなおした。が、どうもログイン時に、画面に余計ばテキストが表示されてしまう。ファイルは修復したはずだが原因が不明だった。この症状は、USBインストールしたSlackwareで以前にも経験、こちらばフォーマットからやり直すしかなかったので修復された。

原因を究明すべく、Slackwareの起動シーケンスを分析。参考は起動プロセス入門

まず症状は、正常なものと比較すると。ログイン画面後に初めに、Linuxのカーネルバージョンを表示しているテキストが化けていることが分かった。そこで、スクリプトを確認すると怪しいのは2か所。

  • /etc/rc.d/rc.Sの起動中にunameで/etc/motdにバージョンを吐き出している。
  • スクリプトの処理が終わって、agettyでloginを処理する時に/etc/issueを参照している。

そこで、各々のファイルを確認した所。/etc/motdに、不具合の対象のテキストが上書きされいるのが確認された。た。イントールメティアから上書きしたはずで、/etc/rc.d/rc.Sで起動時にも上書きされるはずであるが...。

/etc/rc.d/rc.Sの該当の箇所を見ると

# Update the current kernel level in the /etc/motd (Message Of The Day) file,
# if the first line of that file begins with the word 'Linux'.
# You are free to modify the rest of the file as you see fit.
if [ -x /bin/sed ]; then
 /bin/sed -i "{1s/^Linux.*/$(/bin/uname -sr)\./}" /etc/motd
fi

とsedで/etc/motdを上書きするようにスクリプトが変更("起動プロセス入門"の記述に比較して)されている。これでは、Linuxと所がなければ永遠に変更されない。原因が判明したので/etc/motdをコピーしたところ不具合は解消した。ファイルの破損が最初の要因だが、上書きしても解消しないのはバグと言っていいものか。

今回、起動プロセスをあらためて確認できたことは良かった。

9月13日にVMwareのアップデートが出ている。今回は、ESXi 5.5のみESXi-5.5.0-20180904001-standardが出ていた。無事適用は成功。

Vmware PlayerはまだバグFixしていない模様。

Slackwareの起動スクリプトは/etc/rc.d/に配置されている。その中にrc.sysvinitと言うスクリプトがあり起動・リブート・シャットダウン時にSlackware以外で設定したスクリプト以外も処理してくれる。

if [ "$runlevel" = "" ]; then
 runlevel=$RUNLEVEL
 export runlevel
 prevlevel=$PREVLEVEL
 export prevlevel
fi
# Run kill scripts:
for script in /etc/rc.d/rc$runlevel.d/K* ; do
 if [ -x $script ]; then
 startup $script stop
 fi
done

# Now do the startup scripts:
for script in /etc/rc.d/rc$runlevel.d/S* ; do
 if [ -x $script ]; then
 startup $script start
 fi
done

のように記述されていて、ランレベル毎にKで始まる実効可能なファイルを停止に、Sで始まる実効可能なファイルを開始するように記述されている。

その昔は、rc3.dやrc4.dにS*とK*を置いておくと起動時にS*、停止時にK*が実行されていたように思っていた。このため、なぜか起動時に最初にSTOPが動いて、次にSTARTが動く状態だった。

停止・リブート時に明確に事項したいスクリプトはrc0.d(停止)、 rc6.d(リブート)に配置する必要がある。特には問題はなかったが修正を行った。

ファン

| コメント(0) | トラックバック(0)

花材

  • スプレーカーネッション
  • ソラナム
  • 孔雀草
  • 木苺
  • オミナエシ

DSC_0636.JPG

花材

  • バラ
  • 雪柳
  • アランセラアンダ
  • ポリシャス
  • スプレーバラ

DSC_0615.JPG

このアーカイブについて

このページには、2018年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年8月です。

次のアーカイブは2018年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30