2018年10月アーカイブ

USBのOTGで接続。/etc/rc.d/rc.modules.localに/sbin/modprobe g_etherを記述。

rc.inet1.confのインターフェースをブリッジでusb0とwlan0を追加する。

# Example of how to configure a bridge:
# Note the added "BRNICS" variable which contains a space-separated list
# of the physical network interfaces you want to add to the bridge.
IFNAME[0]="br0"
BRNICS[0]="usb0 wlan0"
IPADDR[0]="192.168.137.2"
NETMASK[0]="255.255.255.0"
#USE_DHCP[0]=""
#DHCP_HOSTNAME[0]=""
# Default gateway IP address:
GATEWAY="192.168.137.1"

Hostapdをビルドしインストール。この時、minirootで不足しているパッケージをインストール。

Raspbianをインストールしたraspberry pi Zero WHだが、Slackwareのインストールをここのページを参考に行ってみた。

準備は、RaspbianのイメージとSlackwareのSlackware ARM minirootをダウンロードして準備。

micro SDを準備し、mmcp0p1を/boot(vfatでフォーマット), mmcp0p2を/(ext4でルート)としてパーティションを作成して。SlackwareのHOSTの作業領域にマウント。

Slackware ARMのminirootを解凍したあとに、Raspbianのイメージから抜き出した。boot, lib/modules/, lib/firmware, opt/vcを抜き出し上書きする。

minirootの/etc/fstabを変更し。

#
# Sample /etc/fstab
#
# This must be modified prior to use.
#
#                
proc            /proc           proc    defaults        0       0
#
devpts           /dev/pts         devpts      gid=5,mode=620   0   0
proc             /proc            proc        defaults         0   0
tmpfs            /dev/shm         tmpfs       defaults         0   0
#
##############################################################################
# This sample fstab comes from the Slackware ARM 'build_minirootfs.sh' script.
#
#
# The Slackware ARM installation documents recommend creating a separate /boot
# partition that uses the ext2 filesystem so that u-boot can load the kernels
# & initrd from it:
/dev/mmcblk0p1       /boot           vfat    errors=remount-ro 0      2

# Swap:
#/dev/sda2       none            swap    sw                0       0

# The rest is for the root filesystem:
/dev/mmcblk0p2       /               ext4    errors=remount-ro 0       1

Raspbianからコピーした/bootのなかのconfig.txt, cmdline.txtを修正。

config.txt
dtoverlay=dwc2

最終行にdwc2を追加

cmdline.txt
dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 ro  rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait modules-load=dwc2,g_ether plymouth.ignore-serial-consoles

試行錯誤の結果、Raspberry Pi Zero WHでSlackwareの起動を確認できた。

まずは、WiFiとsshdを設定して無線LANから接続できるようになった。

先にダウンロードしてきた。rpi-updateコマンドでファームをアップデートしても無事にブートできている。

Raspberry PiでdocomoのL-03Dの接続は以前に3B+のSlackwareで行った。RaspbianではInterfaceの設定が少し追加になる。/etc/udev/rules.d/90-usb.rules

ATTRS{idVendor}=="1004", ATTRS{idProduct}=="6326", RUN+="/sbin/modprobe usbserial vendor=0x1004 product=0x6326"
KERNEL=="ttyUSB*", ATTRS{../idVendor}=="1004", ATTRS{../idProduct}=="6326", ATTRS{bNumEndpoints}=="03", ATTRS{bInterfaceNumber}=="02", SYMLINK+="modem", ENV{SYSTEMD_WANTS}+="ifup@ppp0.service"

udevがモデムを見つけた時にsystemdがppp0をアップするように設定を追加。

pppconfでISPを設定。/etc/chatscript/に出来たISPのスクリプトに''ATHを追加する。

# This chatfile was generated by pppconfig 2.3.18.
# Please do not delete any of the comments.  Pppconfig needs them.
# 
# ispauth PAP
# abortstring
ABORT BUSY ABORT 'NO CARRIER' ABORT VOICE ABORT 'NO DIALTONE' ABORT 'NO DIAL TONE' ABORT 'NO ANSWER' ABORT DELAYED
# modeminit
'' ATZ
'' ATH
# ispnumber
OK-AT-OK "ATDT*99#"
# ispconnect
CONNECT \d\c
# prelogin

# ispname
# isppassword
# postlogin

# end of pppconfig stuff

つぎに/etc/network/interface.d/にppp0を作成。

allow-hotplug ppp0
        iface ppp0 inet ppp
        provider docomo_L03D

pre-up iptables-restore < /etc/iptables.ipv4.nat.ppp0

pppの接続は

service ifup@ppp0 start

pppの確認は

service ifup@ppp0 status

接続が確認できれば設定は終わり。これで、起動時に自動でppp0インターフェイスをアップしに行くはす。

モバイルルータを作成。まずは、WiFi接続をやめるに当たり、有線LANが無いのでUSB0のOTGでPCと接続する。

Raspberry Pi zero WHをUSB0で接続。 dwc2モジュールをconfig.txt, cmdline.txtに設定。

config.txt
# Additional overlays and parameters are documented /boot/overlays/README

# Enable audio (loads snd_bcm2835)
dtparam=audio=on
dtoverlay=dwc2
cmdline.txt
dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=b7aef923-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait modules-load=dwc2,g_ether quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles

raspberry pi側の設定は以上で終わり。Windows PCのドライバーはここからダウンロード。一旦シリアルと認識されたものにドライバーを当てることで無事に認識された。あとは、Bonjourをインストールしてある。これで、TeraTermからpi@raspberrypi.localでSSHで接続できる様になった。ここからは、USB0から接続して作業を続行。

事前に、ppp, pppconfig, hostapd, dnsmasqをインストールしておく。

wlan0を固定アドレスにする。/etc/network/interface.d/にwlan0というファイルを作成する。

# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)

# Please note that this file is written to be used with dhcpcd
# For static IP, consult /etc/dhcpcd.conf and 'man dhcpcd.conf'

auto usb0
allow-hotplug wlan0
# アクセスの固定IPを設定する
iface wlan0 inet static
	address 10.0.0.1
	netmask 255.255.255.0
	network 10.0.0.0

	broadcast 10.0.0.255

pre-up iptables-restore < /etc/iptables.ipv4.nat.usb0

リブートすると以降は、USB0からの接続のみになる。まずは、hostapdとdnsmasqの設定。

/etc/hostapd/hostapd.conf
# 無線LANを使う
interface=wlan0
# 動作モード(使用する帯域)を指定する。
hw_mode=g
# チャネルを指定する
channel=10
# 
auth_algs=1
# WPA2を使用する
wpa=2
# 鍵管理アルゴリズムとしてWPA-PSKを使用する
wpa_key_mgmt=WPA-PSK
# 
wpa_pairwise=CCMP
# RSN / WPAの共有鍵暗号化方式としてCCMPを使用する
rsn_pairwise=CCMP
# 上で設定したパスワード
wpa_passphrase=XXXXXXXX
# 上で設定したアクセスポイントのSSID
ssid=XXXXXX
# IEEE 802.11n を有効にする
ieee80211n=1
#既定の WMM パラメータ(IEEE 802.11 draft; 11-03-0504-03-000e):
wmm_enabled=1
#
ht_capab=[HT40][SHORT-GI-20][DSSS_CCK-40]

次に、dnsmasqの設定。

interface=wlan0
listen-address=10.0.0.1
bind-dynamic
#bind-interfaces
server=8.8.8.8
domain-needed
bogus-priv
dhcp-range=10.0.0.5,10.0.0.100,12h

ここで、bind-interfaceとしていると、systemdで起動時にwlan0が立ち上がっていなくてエラーを起こしてしまう。よく、rc.localで再起動している解説があるが、dnsmasqの設定で問題解決する。これで、USB0インターフェースのルートとしたWiFiルータが出来た。あとはL-03Dをppp接続するところから。

VMware ESXi Patch TrackerによるとWMwareのESXiのアップデートが上がっている。ESXi 6.5(サーバー), ESXi 5.5(ゲスト環境), ESXi 6.7(ゲスト環境)をアップデートした。とくに不具合は発生していない。

Amazon で Raspberry Pi Zero WH を入手。それなりの値段で。

SlackwareはZeroをサポートしていないのでRaspbianを立ち上げてみる。Raspbian Stretch with desktopをダウンロードしてmicroSDに焼いだけでインストールは終わり。

unzip -p 2018-04-18-raspbian-stretch.zip | sudo dd of=/dev/sdX bs=4M conv=fsync

で、これで終わりなのでslackwareに比べると簡単。ただし、イメージのダウンロードには1日を要した。概要は、モニター接続、USBハブにキーボードとマウスをつないでUSBのPWR側に電源を投入。

ブートの過程で、パーティションのプライマリーの第二領域をSDメディア内で拡張したのちにOSが起動した。あとはWelcome Raspberryが起動して初期設定に進み、最後にアップデートを行い、リブートの手順だった。

鳥かご

| コメント(0) | トラックバック(0)

花材

  • バラ
  • スプレーバラ
  • エリンジューム
  • ブルースター
  • アイビー
  • ウェゲラ

DSC_0646.JPG

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30