2019年2月アーカイブ

SlackwareのGCCのバージョンが8.3.0にアップグレードされた。Slackware64のMultilibも更新されている。

ARMのクロスコンパイル環境も8.3.0にアプグレードした。

リンクはx86-64。x86, armv6armv7環境もそれぞれ構築した。動作確認は。。。

Raspberry PI 3B+でSlackware。ARM 64bit(aarch64)のglibcの2.29を再構築。

2/16に少しアップデート。slackwarearm-current用の為、32bit環境のツールを梱包。64Bitのライブラリーの動作はこれで確認した。

Slackwareのglibcのバージョンが2.29にアップグレードされたのをきにクロスコンパイルの環境を再構築した。環境はSlackware64。

TODO:

アップグレードがコンフリクトしない様にパッケージ名を変更を検討する。

Slackwareの不具合?

| コメント(0) | トラックバック(0)

SlackwareのネットワークでBridgeを構成してルーターを機能させているが、最近起動スクリプトではipV4のDHCPのアドレス取得が出来ていない。一旦、STOPして再度STARTすると取得できる。

いずれもリモートで使用する頻度が高く、カーネルのアップデートの度、再起動すると接続できない不具合が出ている。

IpV6では接続できるが、FQDNアドレスの登録が出来ていない。IpV4のIPアドレスを固定で割り付けて対処、原因は?しばらく様子見るしかない。

VMware ESXi Patch TrackerESXi 6.5のアップデートが告知されている。

早速、アップデート。特に問題は出ていない。

アプデートの方法はTrackerのリンクの方法で、SSHログインからネットで実施。

6.5ではダウンロードの問題は発生しない。

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30