Raspberry Pi Zero, Slackwareビルドの状況。

| コメント(0) | トラックバック(0)

現状、ARMのアーキテクチャのarmv5te, armv6zkでSlackwareをビルド出来ていないパッケージは以下。

  • dシリーズでrust
  • xapシリーズでmozilla-firefox, mozilla-thanderbrid

最近解決したパッケージはlinuxdoc-tools。これで、gtkdocが使えるようになり、glib2にdtkdocを梱包できる様に変わった。

rustはprebuildのパッケージをダウンロードして、パッケージを作製したが、armv7lの環境でarm-uknown-linux-gnueabihfなターゲットのcompileが解決できない?のmozila系のビルドが今のところできていない。メモリーのアロケーションの問題の様で、 Raspberry Pi 4の4GBのメモリーで力づくの解決方法を試している。が

Webブラウザは本家のslackwarearm-1.42も同胞されていない。armv5/v6でメモリーが限定されている環境で、Firefoxなどパフォーマンスとしても無理がある。これ以上ビルドを目指すかは考えもの。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanoue.atnifty.com/mt/mt-tb.cgi/193

コメントする

この記事について

このページは、アキラが2019年10月27日 23:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Raspberry Pi 4B の不調。」です。

次の記事は「Raspberry pi のUSBブート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30