Raspberry pi のUSBブート

| コメント(0) | トラックバック(0)

Raspberry piでのパッケージビルド、ストレージのアクセスが頻繁な為、SDの寿命が問題となる(かも)。安価なFlashドライブをビルド領域としていたが、古いノートPCのHDDがあるので、ストレージをSDからHDDへ変更する。

Raspberry Pi 3B+以前の場合OTPに設定を書き込むことで設定を変更する。

config.txtに以下を書き込んでリブートすると設定完了

program_usb_boot_mode=1
progrum_usb_boot_timeout=1

TimeアウトはHDDの場合に必要とのこと。

Raspberry Pi 4からはEEPROMに変更になったので、この方法ではない模様。USBブートの情報は検索中。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanoue.atnifty.com/mt/mt-tb.cgi/194

コメントする

この記事について

このページは、アキラが2019年11月 4日 01:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Raspberry Pi Zero, Slackwareビルドの状況。」です。

次の記事は「光ネットの環境の変更とDDNSの修正。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31