光ネットの環境の変更とDDNSの修正。

| コメント(0) | トラックバック(0)

光接続の環境をNiftyからドコモに変更した。来年の1月に2年契約が解消されるタイミングであったが、手続きに面倒なので年末で切り替えた。でもNiftyのドコモコラボと言う様な名称に変わったようだ。

サーバのFQDNの維持にNiftyのDDNSを使っているが、しばらく更新のスクリプトが動作していなかったのを修正。Nifty光に切り替えた時に、ipv6で接続になってしまい、DDNSの設定スクリプトがipv6となってしまい、アドレスの更新ができなくなり、しかたなく、ipv6を停止するようにお願いしていた。また、ひかりTVもNTTに契約が残っていたが、今回はTV環境を含めて、ドコモ光に移行したつもり。

DDNSの更新プログラムはDICE(Linux)を使っていたが、いつからか動作していない。niftyddns.plと言うプログラムをcronで動作させていたが、これも変更がうまく動作していなかった?

最近グーグルを検索したところ、ここにniftyddns2019.plなるものが転がっていた。さらに、ipv6を強制的にipv4でアクセスするため、wgetのコマンドの部分に--inet4-onlyを追加した。

74行目あたりから。

# @nifty DDNSのIPアドレス更新ページをwgetでアクセスし、現在のIPアドレスを確認
$wget = `wget --inet4-only --secure-protocol=auto -O - -q $atniftyddns?$conf_ipaddr`;
$wget =~/[0-9]+(\.[0-9]+){3}/;

151行目あたりから。

$wget = `wget --inet4-only --secure-protocol=auto -O - -q --http-user=$niftyid --http-password=$niftypasswd $atniftyddns?$update_ip`;
$wget =~/[0-9]+(\.[0-9]+){3}/;

結果、atniftyddnsディレクトリのresult.txtに

219.97.61.174にIPアドレスを更新しました。<br>

と変更されていることが確認できた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanoue.atnifty.com/mt/mt-tb.cgi/195

コメントする

この記事について

このページは、アキラが2019年12月30日 21:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新しいデバイス(new android)」です。

次の記事は「新しいデバイスを購入しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31